2010年03月09日

普天間移設「有力案を言う段階にない」 鳩山首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は9日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり連立与党の社民党と国民新党が案を提示したことについて、「そういった案も参考に政府案を練るが、私からどの案が有力と申し上げる段階ではない」と述べた。首相公邸前で記者団に語った。

 首相は「ゼロベースで今日までやってきた。政府案をまとめていく過程で米国側あるいは、特に沖縄県民にも理解を求め、理解が得られる案に作り上げていく」と改めて強調した。

【関連記事】
普天間移設めぐり社民、国民新の亀裂ますます
オバマ米大統領、グアム視察で日本を「牽制」?
普天間移設「沖縄の理解得られる案に」
小沢氏、内閣・民主支持率低下でも「参院選とは別次元」
名護市議会、シュワブ陸上案反対の意見書を可決
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

強盗殺人容疑で上田被告を再逮捕 鳥取連続不審死(産経新聞)
普天間5月決着失敗なら、下地氏「連立離脱」(読売新聞)
東京メトロ社長ら献花へ=慰霊碑で冥福祈る−日比谷線事故10年(時事通信)
帰還者の聞き取り資料公開へ=「研究者にも重要」−長妻厚労相(時事通信)
核密約で参考人招致へ 外務委(産経新聞)
posted by 6b0bgw70ff at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。